topに戻る



Name SIO
Birthday 9月21日
Place of Birth 東京都日野市
Respect 忌野清志郎
Favorite 青春・観光地・丘陵・河原・モノレール・地図・胴上げ・一本締め・お頭付き

■Histry
生い立ち
19◯8年9月21日 東京都日野市出身(自称18歳...無理がある..苦笑)メジャーデビュー経験無し。 両親は長野県出身。姉と弟に挟まれた三人兄弟の真ん中。父は理系の博士であるがまったく血をひかずに音楽家の道を志す。 中学校では学校にろくに行かないくせにそこそこ成績優秀、生徒会長にもなる。当然周囲の反発をもらい「いじめ」を体験。しかし卒業コンサートなどを仕切り復活、進学校に進む。高校時代、剣道二段を取得(けんかは強い方ではない。)目標=夢の決まらないまま大学生活に突入。
音楽との出会い
友人がデモ音源(当時はテープ)をレコード会社に勝手に送ってくれ全国大会へ進む、 観客投票数1位を獲得するがグランプリを逃す。「レコード会社はなんもわかってない」などと会場を退席、担当さんをこまらせる(本当に今思えば申し訳ない)。父親が癌になる。 「ミュージシャン志望なら就職なんかしないぜ!」という当時の風潮に逆らい大学卒業と同時に「就職」する。
サラリーマン時代
システムエンジニアとして郵便貯金、NTT等のシステム開発に従事、ちょっぴり出世する。そして周囲が音楽活動を辞めて「就職」をしだす25歳を過ぎた頃、逆に「脱サラ」→「フリーター」となり母親を泣かせる。
脱サラミュージシャン
見るに見かねた知り合いの音楽関係者に「オーディション」を薦められるが「いまさらかっこが悪い」と躊躇する。メジャーレーベル数社とデモ制作に入るが結局決まらない。反省して結局オーディションを受ける。なぜか見事に全国大会に選出、最優秀ボーカル賞受賞。審査員の巨匠達に絶賛していただくが結局メジャー契約は決まらず他の受賞者が全員デビューしていくのを横目に目黒区の学芸大学に引っ越す。 インディ・レーベル、プロダクション等を転々とする。 老人ホームや施設等での音楽活動も行う。 そんな時、血を吐いて倒れる。命に危険があると言われ、また母を泣かす。。20代後半の激動期。
ライブイベント別冊 UTA-KAI始動
2001年N.Yテロが起きる。2002年別冊UTA-KAI(音楽イベントをする事でまずは隣の人を傷つけなくなるはず。をコンセプトに掲げる)をスタート。 業界人の諌め(自分が売れる事に集中しろ)をきかずイベント運営に心血を注ぐ。 同時に都内ライブハウスでワンマンを確実に開催。 2007年「借金を抱えるから止めときなさい」との「心配」の声を勝手に「声援」だと解釈、日比谷野外大音楽堂を強行開催!約1300人を動員。「ダフ屋」の存在を目撃し「成功だな」と美酒に酔う。 その会場に集まってくれた「全国のファンのみんな」に「今度は僕が会いに行く!」と「別唄ツア−」を計画翌年始動。10周年には全国11都市年間総動員2500名以上に囲まれる。
ツア−(ライブ)アーチストへの転身
2009年からは自身もギター一本弾き語りで単独遠征をスタート。当然ノルマがかかったりガラガラの会場で唄うはめになる。 数枚のインディーズCDのリリースをするも結果が出せず低迷。 懇意にしていた音楽関係者や仲間からも「さすがに年齢も厳しい」と「裏方」への転向を薦められる。 しかし、次々とライブ本数を増やし、2012年には年間200本近いステージを展開、完全に周囲の「同情」の流れにも上手く乗れない。
新たなる"目標"に向けて。
そんな誰もが「あきれる」状況下 2012年 関西(大阪)での初の「100人ワンマン」が実現、最終的にはSOLD-OUTへ持ち込み周囲の予想を裏切る、翌年から大阪「ロックタウン」名古屋「伏見ハートランド」、福岡「照和」なども完売 勢力的に活動をする。 そんな中、10年以上の付き合いとなるギタリスト「オバタコウジ」がサポートで出演した武道館のステージを彼のお母さんと一緒に観戦、感銘をうける。 「俺も武道館でやる!」と決意を新たにする。

自身の方向性と楽曲を磨く為にプロデューサー探しに入る。 高橋良一 氏にミニアルバム「風に乗って」をプロデュースしていただく。「風に乗って」はカラオケでも配信される。

2017/5/20 「僕らの町」(母校日野第1中学校の生徒へのインタビューから産まれた楽曲)がきっかけとなり日野市の後援をうけ 初の日野市民会館(小ホール)SIOワンマンコンサート「僕らの町」は完売 読売新聞・日野ニュース・J:COMなどに取材も頂き話題となる。

年間約200ステージを展開し続け「継続はチカラなり」を体現するSIOは
2017/9/21 には 渋谷 TUTAYA O-WEST "365日の約束"SIOバースデーワンマンを決定!
「この1年間に出会えたみんなが幸せだと思えるそんな一夜を約束する」そんな意気込みは着実な拡がりをみせる。

初のライブDVD制作を目標にクラウドファンディングにもトライ中(2017/8/4スタート)


■Thank you!Stage Support
Guitar & cho. オバタコウジ
(『音楽が鳴りやむ前に』 http://ameblo.jp/obt-gt/entry-12297911142.html/

miwa 他 多数サポート
もう6年のお付き合いです!公私共にお世話になっております。
SIOライブには欠かせない存在であります!
一説によると大学の遠い(!)後輩にあたるらしい・・・口内炎の素敵なギターリスト!


Base 宮野和也 (https://m.facebook.com/kazuya.miyano.9
近藤薫 with B☆同士でおなじみ、DEEN・白鳥英美子 等のサポートで知られるスープカレー好きの(笑)ベーシスト!SIOの呑み友達でもある・・・お世話になっております。

Drums HIDE (小林秀樹 オフィシャルサイト http://hideki-kobayashi.jp
同じく、近藤薫 with B☆同士 ・ もずく でおなじみ、DEEN 等の幅広いサポートで活躍。Tシャツをこよなく愛する、そして酒は呑めなくともテンションは何故か皆と同じ(笑)ドラマー!お世話になっております。